冬にしか見られない風景♪

2012年11月21日

『雪形』ってご存知ですか?

山に雪が降った際に見える模様のことです(^▽^*)

全国では、新潟県が最多の170個、

次いで長野県の60個近くあるそうです。

常念岳の「常念坊」

駒ケ岳のウマの形 、などの他、

富士山にもいくつかあるそうです!

そして、八ヶ岳にもあるんですよ♪(≧▽≦)

こちら↓
リゾートホテル蓼科のブログ

どうですか?分かりましたか??

写真右側の模様が雪形です。

何に見えますか( ´艸`)??

私の地元では『のぼり鯉』『くだり鯉』と呼んでいます☆

場所によって見え方が変わるので、呼び方も変わり、

「くだり金魚」と呼んでいる所もあるそうです。

八ヶ岳の最南端、標高2524mの編笠山にあります。

残念ながら、八ヶ岳の麓の蓼科方面からでは鋭角で見えませんが、

諏訪南IC付近の原村・富士見・小淵沢からだと、はっきり見えます。

この時期は雪が少ないので、うっすらと見えるだけですが、

2~4月の春先には写真のようにくっきりとした雪形に♪

雪形がはっきり見える頃は春の訪れを感じ、

雪形が消えると田植えの時期になります。

自然の風景から四季を感じるって素敵ですよね。

八ヶ岳を見ながらのドライブはズームライン・エコーラインがオススメです♪

                              フロント 遠藤