Take a walk

2012年07月06日

先日の「ぴったんこカンカン」で「蓼科は小津安二郎ゆかりの地」

と紹介されていましたが・・・蓼科は巨匠の仕事場だったのです!!

リゾートホテル蓼科のブログ

昭和29年8月、小津監督は名コンビの脚本家、野田高梧と初めて蓼科を

訪れます。蓼科を気に入った監督は、それから亡くなるまでの10年間、

仕事場として高原での生活を楽しみつつ、「東京暮色」から「秋刀魚の味」

までのシナリオを蓼科で執筆しました。

そんな蓼科生活の中で、一番の楽しみは意外にも「散歩」だったそうです。

歩きながら映画の構想を練ったとすれば・・・巨匠の映画のどこかで

もしかしたら蓼科を感じる事ができるかもしれません。

蓼科観光協会では、その散歩コースをガイド付きでたどる「小津の散歩道」を

開催します。巨匠は仕事の合間に蓼科で、何を眺め何を感じたのでしょうか。

小津ファン必見のツアーです。 

フロント 勝田

・「小津の散歩道」ガイド付きツアー
・7月15日~9月2日の毎日曜日と8月1,2日
・9時30分無藝荘(ホテルより車で5分)に集合、8月1,2日は13時集合
・参加無料、要予約、約2時間のコースです
・詳しくはホテルまたは蓼科観光協会( 
http://kk.tateshina.ne.jp )まで