まな板の上の…

2012年06月26日

信州サーモンです。
名前はさも子です。
親の顔は知らないそーです。
お腹が大きくてなんだかへんてこな魚です。
名前の通り女の子です。
10年ほど料理をしていますが未だに魚のオスメス見分けつきませんがこの子はメスなのです。
なぜかと言いますと信州サーモンは人工交配によりつくられたお魚さんで、何度以上だか忘れましたが一定の温度の水に卵をつけることですべてをメスにしているらしいのです。
なぜメスにするのかと言いますとメスは元気な赤ちゃんを産むため餌をよく食べます、ですがこのこには卵を作る機能が体に無いのです、なので餌だけバクバク食べまくり大きくなってしまうのです。
それだけ御飯食べたら成長も早いので流通にものれるらしいです。
まぁ人間のエゴで生まれてきたお魚さんですがこの子達は美味しいのです。
皆さん美味しく食べてあげましょう………?
料理長がこの子をどーするかまだ決めてないそうです。
ちなみに今うちで出してる大鱒とはちがうお魚さんです。
座布団と幸せを運ぶ料理人…両方運んでないけど 牛山 でした。
リゾートホテル蓼科のブログリゾートホテル蓼科のブログ